Bコース 大島・女木島・男木島

  • 木村崇人「カモメの駐車場」Photo:Osamu Nakamura
  • ジャウメ・プレンサ「男木島の魂」Photo:Osamu Nakamura
  • 眞壁陸二「男木島 路地壁画プロジェクトwallalley」Photo:Osamu Nakamura
  • 田島征三「森の小径」Photo:Yasushi Ichikawa

出発日カレンダー(出発日:青色)

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
詳細
大島
高松港の北東約8kmに浮かぶ、面積が0.62平方km、周囲7.2kmの小さな島です。もともと2つの島だったものが砂洲でつながり、ひとつの島になっています。古くは源平合戦の舞台にもなり、西海岸一帯には「屋島の戦い」に敗れた平家方の勇者を葬ったところに植えられたと伝えられる老松「墓標の松」に覆われた松林が、今も残っています。
1909年にハンセン病の療養所が設立され、1946年に国立療養所大島青松園と改称されました。長らくハンセン病に対する社会的偏見と差別から、国の誤った政策により入所者が強制隔離されてきました。1996年に「らい予防法」が廃止され、2008年には「ハンセン病問題基本法」が成立し、現在は園内で、入所者の日常生活の介助・療養生活の支援と、ハンセン病を正しく理解するための啓発活動が行われています。
男木島
女木島の北1kmに位置する面積1.34平方km、周囲5.0km、人口が約160人の島です。平地がほとんどないため、斜面に密集して民家が建ち並び、その間を縫うように細い坂道が通っています。地形上の制約で水田を営むことは難しく、戦後間もないころまでは、島外に牛を貸し出し、その対価として米を手に入れていました。
男木港から見える高台にある豊玉姫神社は安産の神様として知られ、島外からも多くの人が安産祈願に訪れていました。島の北端に建つ男木島灯台は、花崗岩を用いた美しいつくりで、日本の灯台50選に選ばれており、映画ロケ地としても全国的に有名です。また、灯台職員の官舎跡が灯台の歴史を伝える資料館として残っています。2月には灯台へと続く遊歩道に約千万本のニホンスイセンが花を咲かせます。
2014年には芸術祭をきっかけとして男木島へのUターンを決めたご家族らの尽力もあり、休校していた小・中学校が再開しました。学校が戻った島は子どもたちの声が響く島となりました。その後も、男木島に魅力を感じて移り住む人は絶えず、飲食店、美容室、図書館などを運営しながら島に根を張っています。新しい風も受け入れる男木の島民性により、新たなコミュニティが形成されています。
女木島
高松の沖合、約4kmに位置する、面積2.68平方km、周囲7.8km、人口が約140人の島です。女木港周辺には、防風防潮用に「オオテ」と呼ばれる高さ3、4メートルにもなる石垣が築かれ、独特の景観を作り出しています。
約80年前、昔話「桃太郎」に登場する鬼ヶ島と女木島を結びつけた話が創作され、その後、鷲ヶ峰山頂にある洞窟が鬼のすみかとして観光地化されました。その鷲ヶ峰山頂にある展望台では360度瀬戸内海を見渡すことができ、春には島をピンクに染める数千本の桜並木とともに景色を楽しむことができます。対岸の高松や屋島を望む浜辺は水質も良く、環境省の「快水浴場百選」に選定され、夏には海水浴のほかキャンプや釣りを楽しむ人々が大勢訪れます。
夏には、2年ごとに住吉神社大祭りが行われます。太鼓を叩く子どもたちを乗せ、大勢の男性に担がれた太鼓台が海の中に入り、海の男の勇敢さと勇猛さを顕示する島内最大の祭りです。
旅行代金

9,800円

受付

高松港旅客ターミナルビル1階 9:30~9:50
〒760-0019 香川県高松市サンポート1-1
JR高松駅より徒歩3分、ことでん高松築港駅より徒歩4分。駐車場のご準備はございません。

食事

昼1回

レストラン イアラ

レストラン イアラ
瀬戸内国際芸術祭の作品である「不在の存在(作家:レアンドロ・エルリッヒ)」に併設する「レストラン イアラ 女木島」では、食をテーマにした作品を作る現代美術家EAT & ART TARO監修のランチを楽しめます。目の前で料理が仕上がっていくのを見ながら、瀬戸内の美味しいものを食べる特別な時間がすごせます。
行程表

高松海上タクシー

高松港(10:00頃)~<チャーター船>~大島~<チャーター船>~女木島~<チャーター船>~男木島~高松港(17:00頃)

添乗員

同行

最少催行人員

1名

旅行代金に含まれるもの

船代、昼食1回、ガイド、添乗員、旅行保険

旅行代金に含まれないもの

作品鑑賞パスポート料金

注意事項
  • 利用交通機関及び発着時間などは道路・海上状況により変更になる可能性がございます。
  • 船やバスは人数が少ない場合、タクシーで運行する可能性がございます。
  • 島内は徒歩移動になります。
  • 15名以下の場合、ガイド兼添乗員でご案内する可能性がございます。
  • バスは定刻に出発いたしますので、集合場所はあらかじめお調べいただき、時間に余裕をもってお越しください。定刻にお越し頂けないお客様への連絡は、出発の遅延の原因になり他のお客様へのご迷惑となりますので、控えさせていただきます。

作品鑑賞パスポートについて

オフィシャルツアーにご参加いただくためには、作品鑑賞パスポートが必要です。
3シーズンパスポート 4,800円(前売特別価格 3,800円)
芸術祭の会期中、芸術祭の参加作品(施設)を各1回鑑賞可能。
前売期間:2018年11月8日~2019年4月25日

オフィシャルツアーにお申し込みのお客様で、ツアーご予約とあわせて作品鑑賞パスポートをご購入いただいた方には、当日受付にて作品鑑賞パスポートをお渡しいたします。事前郵送等は受け付けておりません。

作品鑑賞パスポートをご購入のお客様は、お申し込み時にお知らせする予約番号を必ずお控えください。
作品鑑賞パスポートは、2019年4月26日以降、下記の施設にてお名前と予約番号にて引換いたします。

※ 事前郵送等は承っておりません。
※ 作品鑑賞パスポートの詳細は、瀬戸内国際芸術祭公式HPでご確認ください。