瀬戸内国際芸術祭2019

Gコース 伊吹島・粟島(秋会期のみ)

  • エコ・ヌグロホ
  • 日比野克彦

出発日カレンダー(出発日:青色)

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
詳細

伊吹島の坂道イメージ

伊吹島
観音寺港の西方約10kmに位置する面積1.05平方km、周囲5.4km、人口約600人の島です。安山岩、花崗岩などからなる台状の島で、島の周囲は急傾斜の崖となっています。台地には平地が開けており、住宅は島の南から北にかけての鞍部に集中しています。
伊吹島は、漁業が盛んな島で、パッチ網漁、小型底曳き網漁、定置網漁などが行われています。特に、パッチ網漁で捕るカタクチイワシは、島で煮干イワシ(イリコ)に加工されており、「伊吹いりこ」としてブランド化されています。
伊吹島の言葉は、独特の特徴を持ち、古語に属する方言や特殊な敬語が多く、日本で唯一平安時代のアクセントが残っています。言語学者金田一春彦氏が、島の言葉を研究するため、伊吹島に二度訪れ、その際に詠んだ歌も残っています。話し言葉は、素朴でやや荒っぽく聞こえるのが特徴です。
伊吹島は坂道のある島です。急坂を10分程度あがった先に集落がございます。
粟島

かつて、北前船の寄港地としても栄えていた粟島は、瀬戸内海のほぼ中央、香川県西部に位置する荘内半島の沖合に浮かぶ、面積3.68平方km、周囲16.0km、人口約300人の島です。3つの島が砂州でつながり、船乗りの島にふさわしくスクリューの形をしたこの島は、須田港からわずか15分という近距離にありながら、ゆったりと時間が流れる非日常の離島空間を味わうことができます。

粟島は夜になると、夜空にはきらめく星空、遠くには行き交う船の光や街灯、海辺には夜空に輝く星のように幻想的な青い光を放つ「海ほたる」を観察することができます。観察シーズンは5月下旬から10月上旬で、特に秋口が見ごろとなります。また、明治30年に日本最古の海員学校として設置され昭和62年3月に廃校となるまで90余年もの間、海の男たちを輩出してきた国立海員学校は、島の歴史と大きく関わっており、現在、その跡地は粟島海洋記念公園として整備され、島のシンボルとなっています。

旅行代金

14,800円

受付

高松港旅客ターミナルビル1階ツアーデスク 8:50集合
シンボルタワーの隣、JRホテルクレメント高松の道路を挟んで向かい側のビルです。
港ではございませんので、ご注意ください。

〒760-0019 香川県高松市サンポート1-1
JR高松駅より徒歩3分、ことでん高松築港駅より徒歩4分。

JR坂出駅北口 9:50出発

※いずれの乗降地も駐車場のご準備はございません。
※スタッフは常駐しておりません。受付時間外に何かございましたら、コトバス予約センター(TEL:050-3537-5678/10:00~18:00)までご連絡ください。

食事

昼1回

うららの台所

うららの台所
伊吹島のお母さんたちが運営する「うららの台所」は、伊吹島の食の魅力を知ってもらおうと瀬戸内国際芸術祭2016に発足しました。「うらら」とは、方言で「私たち」という意味。今回は、小豆島の「創作郷土料理 曆」のオーナー・岸本等さん監修のもと、カタクチイワシ(伊吹いりこ)を使ったイリコ飯をはじめ、伊吹島の食材をふんだんに使ったお弁当を真心こめてご用意します。伊吹島ならではの母の味をご賞味ください!
行程表

★:新規作品 
◆:展示替え

高松港旅客ターミナルビル1階(受付)8:30~8:50
JR高松駅バスターミナル(出発)9:00=JR坂出駅 北口(出発)9:50=<チャーターバス>=観音寺港~<チャーター船>~伊吹島

伊吹島(11:40~14:00) 徒歩で移動
昼食:うららの台所
★エコ・ヌグロホ「壁」
★栗林隆「伊吹の樹」
★メラ・ヤルスマ+ニンデティヨ・アルディプルノモ「パサングーふたつのものすべての中に」
みかんぐみ+明治大学学生「イリコ庵」

伊吹島~<チャーター船>~粟島

粟島(15:00~16:40) 徒歩で移動
※下記の中から6作品を鑑賞します。自由散策も可能です。
日比野克彦「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト」
★日比野克彦「種は船プロジェクト」
★TARA「TARA」
★粟島芸術家村
★SOKO LABO
★ディン・Q・レ「監視と不在」
★リチャード・ストライトマター・トラン「ヒキコモリ」
ムニール・ファトゥミ「過ぎ去った子供達の歌」

粟島~<チャーター船>~須田港

父母ヶ浜(観光30分)

父母ヶ浜

=<チャーターバス>=坂出駅(19:00着)=高松駅(19:50着)

添乗員

同行

最少催行人員

1名

旅行代金に含まれるもの

バス代、船代、昼食、ガイド、添乗員、保険

旅行代金に含まれないもの

作品鑑賞パスポート料金

注意事項
  • オフィシャルツアーにご参加いただくためには、作品鑑賞パスポートが必要です。
  • カレンダーに※がある日程については、キャンセル待ち予約となり、ご予約は完了になりません。キャンセルが出た場合のみ、ご連絡をさせていただきます。
  • 利用交通機関及び発着時間などは道路・海上状況により変更になる可能性がございます。
  • 船は人数が少ない場合、タクシーで運行する可能性がございます。
  • 島内は徒歩移動になります。
  • 15名以下の場合、ガイド兼添乗員でご案内する可能性がございます。
  • 定刻に出発いたします。集合場所はあらかじめお調べいただき、時間に余裕をもってお越しください。定刻にお越し頂けないお客様への連絡は、出発の遅延の原因になり他のお客様へのご迷惑となりますので行っておりません。
  • 不可抗力(天候)による出発の中止は事前連絡を心がけますが、タイミングにより集合場所での案内となる場合があります。
  • 父母ヶ浜は、すべての出発日で「天空の鏡」が見られるわけではありません。下記の日程は、干潮と日の入り時刻の重なり「天空の鏡」が見られる可能性が高い日程です。尚、当日の天候により、「天空の鏡」が見られない場合もございます。その場合も返金はいたしませんので、ご了承ください。
    9/27(金)、29(日)、10/11(金)、13(日)、25(金)、27(日)
  • 10/4、10/6は伊吹島秋祭りのため「うららの台所」は定休日です。他のお弁当になる可能性があります。
  • 現地は2チームに分かれてご案内します。個別で予約したけれど同じグループという場合は、必ず事前にご連絡ください。
  • 作品鑑賞のために、履物を脱ぎ履きする必要がございます。

作品鑑賞パスポートについて

作品鑑賞パスポート(3シーズン/会期限定)をお持ちでない方は、作品鑑賞パスポートが必要です。秋会期のツアーにご参加のお客様は、3シーズンパスポート(4,800円)ではなく会期限定パスポート(4,000円)がお得です。弊社では取扱いがございません。当日、ツアーデスクの隣にチケット販売窓口がございますので、ご購入いただけます。
3シーズンパスポート 4,800円
会期限定パスポート(4,000円)は、弊社で取扱いしておりません。高松港旅客ターミナルビル、ツアーデスク横の総合案内所にて当日ご購入ください。
※ 作品鑑賞パスポートの詳細は、瀬戸内国際芸術祭公式HP でご確認ください。

オフィシャルツアーにお申し込みのお客様で、ツアーご予約とあわせて作品鑑賞パスポートをご購入いただいた方には、当日受付にて作品鑑賞パスポートをお渡しいたします。事前郵送、事前受け渡し等は承っておりません。ツアー参加日以外での受け渡しをご希望のお客様は、公式サイトからご購入ください。
※ 事前郵送事前受け渡し等は承っておりません。
※ 作品鑑賞パスポートの詳細は、瀬戸内国際芸術祭公式HPでご確認ください。

下記、営業所にて営業時間に限りパスポートを販売しております!

作品鑑賞パスポート(会期限定パスポート)の購入はこちら