瀬戸内国際芸術祭2019

Cコース 小豆島

  • ジャコモ・ザガネッリ「フルイーレ」 PhotoKeizo Kioku
  • ワン・ウェンチー(王文志)「小豆島の恋」 Photo:Keizo Kioku

出発日カレンダー(出発日:青色)

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
詳細
小豆島
面積153.26平方km、周囲140.1kmと瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に大きな島です。土庄(とのしょう)町、小豆島町の2つの町からなり、約28,000人が暮らしています。古くは「あずきしま」とよばれ、「古事記」には日本の大八洲につづいて10番目につくられた島として登場します。
約110年前に日本で初めてオリーブ栽培に成功したことから「オリーブの島」としても知られ、他にも400年以上続く醤油、素麺の生産、そこから派生した佃煮やごま油など特産品は多岐にわたります。
海岸線からは瀬戸内海の代名詞とも言える多島美を楽しむことができる一方、瀬戸内海最高峰を有するなど山間部は標高が高く、海と山とで趣の異なる美しい景観が望めます。
寒霞渓やエンジェルロードに代表されるような観光地として知られるほか、地域の伝統行事や風習が色濃く残る、自然と文化が調和した魅力的な島です。
旅行代金

9,800円

受付

高松港旅客ターミナルビル1階 9:00~9:30
シンボルタワーの隣、JRホテルクレメント高松の道路を挟んで向かい側のビルです。
港ではございませんので、ご注意ください。

〒760-0019 香川県高松市サンポート1-1
JR高松駅より徒歩3分、ことでん高松築港駅より徒歩4分。
※駐車場のご準備はございません。
※スタッフは常駐しておりません。受付時間外に何かございましたら、コトバス予約センター(TEL:050-3537-5678/10:00~18:00)までご連絡ください。
※こちらのコースは土庄港集合・解散(土庄港観光センター前)が可能です。ご希望のお客様は、メールまたは電話で事前にお知らせください。尚、旅行代金はかわりません。
メール:reservation@kotobus.com
電話:050-3537-5678(10:00~18:00/年中無休)

食事

昼1回

創作郷土料理 曆

創作郷土料理 曆(こよみ)
暦は、小豆島の創作郷土料理を提供する食事処です。オーナー・岸本等さんは、瀬戸内国際芸術祭 2016 にて「瀬戸内『食』のフラム塾」を受講し、会期中は「本からうまれる一皿 ~壺井栄と庚申の夜~」を開催。『二十四の瞳』で知られる小豆島の作家 壺井栄の文学に描かれた島の食や風習、歴史ある食産業、魚や野菜などの豊かな食材を織り交ぜた創作料理を提供されました。そのコンセプトを引き継ぎ、2017年夏に創作郷土料理 暦を開店。お店は海の目の前で、景色も最高です!
行程表(夏会期)

★:新規作品 
◆:展示替え

Cコース 小豆島(夏会期)
高松港旅客ターミナルビル1階(受付)9:00~9:30 高松港(出発)9:55

~<定期船>~

小豆島 バスで移動(10:55~16:30)
昼食:創作郷土料理 暦
★ジャコモ・ザガネッリ「フルイーレ」
★ワン・ウェンチー[王文志]「小豆島の恋」
★朱哲琴(Dadawa)「鐘舎 Bell Shelter」
★ハンス・オプ・デ・ビーク「静寂の部屋」
★ローザ・バルバ「オーケストラピット / ホワイトミュージアム」
★朱哲琴 (Dadawa)「鐘舎 Bell Shelter」

~<定期船>~

高松港(解散)17:35頃

※参加人数や混雑状況により、作品鑑賞の順番が変更になる場合があります。

行程表(秋会期)

★:新規作品 
◆:展示替え

Cコース 小豆島(秋会期)
● 水曜(10/2、10/9、10/16、10/23、10/30) ※春会期と同じ行程
高松港旅客ターミナルビル1階(受付)9:00~9:30 高松港(出発)9:55

~<定期船>~

小豆島 バスで移動(10:55~16:30)
昼食:創作郷土料理 暦
★シャン・ヤン(向阳)「辿り着く向こう岸 −シャン・ヤンの航海企画展」
★福武ハウス「アジア・アート・プラットフォーム」「アジアギャラリー」[建築]西沢立衛「葺田パヴィリオン」
★リン・シュンロン(林舜龍)「国境を越えて・波」
★ジャコモ・ザガネッリ「フルイーレ」
★ワン・ウェンチー(王文志)「小豆島の恋」

~<定期船>~

高松港(解散)17:35頃

 

● 日曜(9/29、10/6、10/13、10/20、10/27、11/3)
高松港旅客ターミナルビル1階(受付)9:00~9:30 高松港(出発)9:55

~<定期船>~

小豆島 バスで移動(10:55~16:30)
昼食:創作郷土料理 暦
★シャン・ヤン(向阳)「辿り着く向こう岸 −シャン・ヤンの航海企画展」
★朱哲琴(Dadawa)「鐘舎 Bell Shelter」
康夏奈「花寿波島の秘密」 【三都半島アートプロジェクト】
★田中圭介「Utopia dungeon」 【三都半島アートプロジェクト】
★平野薫「海辺のクォーツ」 【三都半島アートプロジェクト】
★友定睦「明日の海」 【三都半島アートプロジェクト】
★鹿田義彦「過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる」
【三都半島アートプロジェクト】 島の家「こうのうら」

~<定期船>~

高松港(解散)17:35頃

添乗員

同行

最少催行人員

1名

旅行代金に含まれるもの

船代、バス代、昼食1回、ガイド、添乗員、旅行保険

旅行代金に含まれないもの

作品鑑賞パスポート料金

注意事項
  • オフィシャルツアーにご参加いただくためには、作品鑑賞パスポートが必要です。
  • 東京(羽田)→ 高松 1便目(9:00着)でお越しのお客様は、ツアーへの接続はできません。
  • 利用交通機関及び発着時間などは道路・海上状況により変更になる可能性がございます。
  • 船は人数が少ない場合、タクシーで運行する可能性がございます。
  • 15名以下の場合、ガイド兼添乗員でご案内する可能
  • 定刻に出発いたしますので、集合場所はあらかじめお調べいただき、時間に余裕をもってお越しください。定刻にお越し頂けないお客様への連絡は、出発の遅延の原因になり他のお客様へのご迷惑となりますので、控えさせていただきます。

作品鑑賞パスポートについて

オフィシャルツアーにご参加いただくためには、作品鑑賞パスポートが必要です。
3シーズンパスポート 4,800円
会期限定パスポート(4,000円)やシニアパスポートは、弊社で取扱いしておりません。高松港旅客ターミナルビル、ツアーデスク横の総合案内所にて当日ご購入ください。
※ 作品鑑賞パスポートの詳細は、瀬戸内国際芸術祭公式HP でご確認ください。

オフィシャルツアーにお申し込みのお客様で、ツアーご予約とあわせて作品鑑賞パスポートをご購入いただいた方には、当日受付にて作品鑑賞パスポートをお渡しいたします。事前郵送、事前受け渡し等は承っておりません。ツアー参加日以外での受け渡しをご希望のお客様は、公式サイトからご購入ください。
※ 事前郵送事前受け渡し等は承っておりません。
※ 作品鑑賞パスポートの詳細は、瀬戸内国際芸術祭公式HPでご確認ください。

下記、営業所にて営業時間に限りパスポートを販売しております!